利息負担を抑えるには

電卓

リボ払いによる利息

キャッシングの返済ではリボルビング払いをしていく方が多くなっています。リボ払いなら毎月一定金額の返済で済むので、家計の負担を抑えることができるのが特徴です。ただし利息には注意しなくてはなりません。キャッシングの金利は上限である年15%〜20%で設定しているキャッシング会社が多くなっています。一般的に金利は低いほど利息の負担も少なくなるため、キャッシングの金利では銀行のローンに比べると利息負担が大きくなると考えられます。ただし利息は返済期間によっても変わるため、低金利の長期返済と高金利の短期返済を比べると、高い金利でも短期返済をしたほうが利息が少なく済むこともあるのです。しかしリボ払いは毎月一定額の返済なので、返済途中に借り入れをしても毎月一定額の返済は変わりません。よって必然的に長期返済ということになり、リボ払いを選択すると利息の負担が大きくなると言えるでしょう。リボ払いは使い方次第で損得が変わるので、決して良くない返済方法というわけではありません。対策として、お金に余裕があるときにまとめて返してしまう、毎月の返済額を高めに設定するなど、出来るだけ短期間で返済できるような工夫が必要でしょう。また、再度借り入れをする場合は前回の借入れを完済してから借りることで、家計を圧迫させないで利息の負担もかけずに利用できます。いずれにしてもリボ払いを利用する時は、計画性を持って借入れと返済をしていくことが大切です。