住宅ローンを理解する

メンズ

タイミングが大事

住宅を取得するときに多くの人が借りる住宅ローンの金利には、3つの種類があります。それは、固定と固定と変動が組み合わさったものと変動です。それぞれにメリットとデメリットがあり、固定は借り入れた時の金利が確定しているので将来のライフプランがたてやすいメリットがあるものの、社会情勢により金利が下降した場合は高い固定のまま支払いを続けるはめになる点がデメリットです。固定と変動が組み合わさったものは、一定期間は固定でそれ以後変動になるのでメリットは返済計画のたてやすさと途中で金利が下がれば返済する返済額が減少する点です。デメリットは、途中で変動になるのでその時点で金利が上昇すれば返済額が総じて増加してしまう点です。変動は途中で金利が変わるので、社会情勢によっては返済額が大幅に減少する可能性がある点のが大きなメリットですが、金利が上昇した場合は返済額が増加しやすい点と金利が上下するため返済計画のたてにくさがデメリットです。ただ多くの人が住宅ローンの候補に上げるフラット35は固定なので、返済計画はたてやすく社会情勢に振り回されにくいです。しかし、金利は常に推移しているのでフラット35を借りた場合でも人によっては総支払額に差がでてきます。高い時期に借りれば総じて返済額は増加しますし、低い時期に借りれば返済額をかなり抑えられます。よって、固定のフラット35を借りる場合でも金利の推移は確認するようにしましょう。もちろん、推移はあくまでも過去の実績なので今後どうなるのかは不明です。しかし、フラット35をタイミングよく借りるためにも推移を見ておきましょう。